骨董品を高く買い取ってもらえるお店を選ぶコツ

骨董品は、価値を判断しづらいものの一つです。手元にある骨董品を売りに出す場合、価値のあるものなのか正しく査定してくれるお店を見分ける必要があります。まずは、骨董品を買い取ってくれるお店が「買取のみを行なっている店」なのか「買取と販売を行なっている店」なのかで、高く買い取ってもらえる可能性が変わります。「買取のみを行なっているお店」の場合は、買い取った品物を業者や専門店に転売し差額で利益を出すため、「買取と販売を行なっている店」よりも買取価格が安くなる傾向があります。「買取と販売を行なっている店」は、買い取った品物をそのまま自分の店で売りに出す分、仲介手数料が少なく済むのでその分高く買い取ってもらえる可能性があるのです。さらに、自分の売りたい品物と同じような品物を取り扱っているお店を選ぶのもポイントです。もし買取と販売を行なっているお店でも、専門外の品物であれば業者に売り出す可能性があります。納得のいく取引をするには、ニーズを把握して買取の業者を選ぶことが大切です。